他社にはない最先端の冷凍技術

当社の冷凍技術の強み

超音波とイオンのパワーが生み出す衝撃鮮度

今まで困難であった食材も冷凍可能

マイナスイオンの力で食品の鮮度を保ちます。

マイナスイオンは、除菌・抗菌・除塵・調湿効果に優れており、イオンバランスを整え、食品の酸化(劣化)を抑え、ニオイの元となる物質を中和することができます。
食品は、空気に触れることにより時間とともに酸化(劣化)して行きます。この酸化された食品を、マイナスの
酸素電子が充満した状態の庫内で冷凍する事で、中和され劣化の原因のプラスの酸素電子が除かれます。
つまりこの食品は、空気に触れる以前の酸化されていない状態に近づけるのです。

イオンが冷凍庫内の脱臭・除菌を行ない衛生的にします。

超音波の力で解凍時の復元力を強化

60分かかっていたこれまでの冷凍方法に比べ、それを30分にまで短縮

通常では+20℃から-20℃まで60分かかっていたこれまでの冷凍方法に比べ、それを30分にまで短縮した
「超音波による急速・均一冷凍」。
超音波の力で表面が溶けない為振動エネルギーが内部まで浸透し、分子運動を活動させた時点で食品全体を
冷凍させます。氷結晶が細分化されることによって、凍結を平均化し、組織の破壊を防ぎます。
このことにより解凍時のドリップが少なくなり、食材の鮮度、食感、旨味、色味などを保持し、
解凍後も再現することができます。

比較写真

微量な超音波を食品に与え、細胞の水分子を細かく整列させ、凍らせます。

今まで困難であった食材も冷凍可能

従来の冷凍方式では、困難であったパンや様々な食材の入ったお弁当なども、鮮度を保ったまま急速冷凍が可能なので、効率的に生産ができ、その日必要な分量だけを解凍し、調理・販売をすることが出来ます。

凍結試験結果

「急速・均一冷凍」と「解凍鮮度保持」がベストマッチ!

レビソニック・イオンクレンジング

通常の解凍方式だと、温度の上昇とともに凍っていた水分が溶け出し、細胞の内液とともにドリップ化して流れだしてしまっていました。
「レビソニック解凍」は、マイナス温度のまま解凍するため、ドリップの流出を極限まで食い止めました。また、解凍された食品は、マイナス電子に包まれて解凍保管されているため、食品の酸化(劣化)が起こりにくくなり、常に新鮮な状態を保つことが出来る。そして、酸化によって 肉の臭い特に獣臭や魚臭を無くすことが出来ます。

解凍技術についてはコチラ

食材処理装置特許証はコチラ

食材処理方法特許証はコチラ

超音波とイオンの衝撃鮮度!!

レビソニックイオンクレンジング

鮮度革命商品情報

商品ロス率の低減

業務委託出来る企業募集

会社概要

資料請求はコチラ

お問い合わせ

求人のお問合せ

ページの先頭に戻る